PPE(個人防護具)

マスク/アイプロテクション

医療用マスクには、大きく分けて「サージカルマスク」と「プロシージャーマスク」の2タイプが存在します。
メドラインでは、この2つを明確に定義し、使用場面と感染リスクに応じた使い分けを推奨しています。

サージカルマスク(手術用)

飛沫血液などへの高いバリア性(不浸透性)と交差感染リスクにも対応した
紐止めタイプの医療用マスクです。

推奨シーン:多量の出血をともなう処置など
紐タイプ
液体防護性
※一部製品を除く

※AORNが手術室での使用には紐タイプのマスクを推奨していることから、
メドラインは紐タイプのみを「サージカルマスク」と定義付けています。

  • 標準サイズ
  • やや大きめサイズ
  • 標準サイズ
  • やや大きめサイズ
  • 標準サイズ
  • 標準サイズ

プロシージャーマスク(処置用)

ハイレベルな保護性能とともに、快適なつけ心地やフィット感も実現した
イヤーループタイプの医療用マスクです。

推奨シーン:手術室以外で液体の飛散が想定される現場
イヤーループタイプ
液体防護性
  • やや大きめサイズ
  • 標準サイズ
  • 大きめサイズ
  • 標準サイズ
  • やや大きめサイズ
  • 標準サイズ
  • 大きめサイズ
  • 標準サイズ

アイプロテクション

眼もとを守るディスポーザブルのゴーグルです。フレームは
カラフルな10色セットです。

推奨シーン:眼への飛沫が想定される場所
PPE(個人防護具)
取扱製品トップ

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ