• PPE(個人防護具)の正しい使用法

    Get to know your PPE

PPE(Personal Protective Equipment)=個人防護具

スタンダードプリコーション
(標準予防策)

患者や医療従事者を感染や汚染から守るためには、患者の血液・体液・分泌物・排泄物などをすべて感染源と見なし、感染症の有無にかかわらず、常にPPE(個人用防護具)の使用を徹底する必要があります。


米国CDC(Centers for Disease Control and Prevention)も
使用を推奨

米国CDCでは、1996年の隔離予防策ガイドラインにおいて「病原体と宿主因子はコントロールが困難であるので、微生物移動の阻止は感染経路に向けられるべきである」としています。この感染経路を遮断するための有効な手段がPPEなのです。


PPE取り扱いにおける大前提

①最適な製品を、②用途に合わせて、
③正しく使う
  • ・医療従事者の感染を防ぐ
  • ・汚染物の曝露に対する保護
  • ・汚染物の拡散防止
  • ・不要な防護具は時間・コストのムダ
  • ・防護具の重要性、知識の再認識
  • ・感染リスクの知識を深める

PPE(個人防護具)の着脱方法 
※身につけるときと外す時は順番が異なります。

着け方

POINT:
必ず入室前に着用します
着ける順番:(1)ガウン・エプロン > (2)マスク >
(3)ゴーグル・フェイスシールド > (4)手袋
    • [ ガウン ]

      膝から首までの全身をしっかりとガウンで覆い、
      首ひもと腰ひもを結びます。

      [ エプロン ]

      首から静かにかぶり、腰ひもをゆっくり広げて後ろで
      結びます。患者と接する部分を覆うようにすそを広げます。

    • (1)マスクの上下と表裏を確認します。

      (2)ゴムひもを耳に かけます。

      (3)ノーズピースを花の形にそってズレ落ちないようしっかり折り曲げます。

      (4)鼻を押さえながらひだを伸ばし鼻とあごをしっかり覆います。

      (5)装着完了です。

    • [ ゴーグル ]

      [ フェイスシールド ]

      顔と目をしっかり覆うように装着します。
    • (1)手袋のすそをつまんで下にたらします。

      (2)親指の位置を確認して手を入れます。

      (3)反対の手も同様に装着します。

      (4)手首が露出しないようガウンの袖口まで覆います。

      ×手首が露出している。

外し方

POINT:
退室前に外します
着ける順番:(1)手袋 > (2)ゴーグル・フェイスシールド > (3)ガウン・エプロン > (4)マスク
    • (1)皮膚に直接触れないようにする。

      (2)手袋の内側が表になるよう静かに外します。

      (3)外し終わったら手袋を、手袋をした方の手の中に丸めます。

      (4)手袋を外した手の指先を、もう一方の手袋の内側に差し入れます。

      (5)そのまま引き上げるようにして外します。

      (6)ひと塊となった2枚の手袋をそのまま廃棄します。

    • [ ゴーグル ]

      [フェイスシールド]

      外側表面は汚染されているため、
      ゴムひもやフレーム部分をつまんで外し、
      そのまま廃棄するか所定の場所に戻します。

    • (1)皮膚に直接触れないようにする。

      (2)手袋の内側が表になるよう静かに外します。

      (3)外し終わったら手袋を、手袋をした方の手の中に丸めます。

      (4)手袋を外した手の指先を、もう一方の手袋の内側に差し入れます。

      (5)そのまま引き上げるようにして外します。

      (6)ひと塊となった2枚の手袋をそのまま廃棄します。

    • [ ゴーグル ]

      [フェイスシールド]

      外側表面は汚染されているため、
      ゴムひもやフレーム部分をつまんで外し、
      そのまま廃棄するか所定の場所に戻します。
    • [ ガウン ]

      (1)腰ひもと首ひもを外します。

      (2)ガウンの表面に触れないようにそでから手を抜きます。

      (3)そでに腕を残しながら、ガウンが裏返るように脱ぎます。

      (4)そでに腕を残したままガウンを巻き上げます。

    • [ エプロン ]

      (1)首ひもを引きちぎります。

      (2)エプロンの上半分を前にたらします。

      (3)エプロンの表側に触れないように、エプロンのすそを内側から持ちすくい上げます。

      (4)折りたたんだ状態で腰ひもを引きちぎります。

    • マスクの表面に触れないように
      ゴムひもをつまんで外し、
      ゴムひものみを持って廃棄します。

    • マスクの表面に触れないように
      ゴムひもをつまんで外し、
      ゴムひものみを持って廃棄します。


PPEの使い方・選び方

ボタンをクリックするとリーフレットが
ご欄いただけます。

PPEの選び方・使い方