• 手指衛生とスキンケア

    Hand Hygiene and Skin Care

きびしい感染予防策で手荒れに?!

WHOは最大の感染予防策である、手指衛生管理の手順を繰り返すよう推奨しています。
ガウン、エプロン、マスク、ゴーグル、手袋の個人防護具を着る前、
そして後、毎回手洗いが組み込まれており、さらに5つの場面それぞれこの手順を繰り返すよう推奨しています。
医療従事者は、手洗い・消毒頻度が高く、手荒れのハイリスクグループとなっております。


手荒れの原因は乾燥?!

手荒れの主な要因は乾燥です。
頻繁な手洗いをすることによって、皮膚の皮脂を過剰に取り除いてしまう、
そうすると必要な水分が失われ、角質層のバランスが悪くなりバリア機能が破綻します。
その結果、乾燥、ひび割れ、赤身、かゆみ、落屑(らくせつ)が起き、手荒れとして医療従事者の皆さまを悩ませています。


ハンドケアの重要性

感染対策を守るのと同じ程に、皆さまの手の健康を維持することは重要です。
きびしい感染予防を守ることも重要ですが、皆さまの手の健康を維持することも大変重要です。
手荒れを放っておくと、左側、菌の温床となって、結局感染を広げてしまう、
そして、右側のように、水分を失い乾燥していると、手荒れの時に「痛いっ!!」と感じて、
手を洗うのが、おっくうになりますよね。そうすると、先ほどの手指衛生管理の手順を踏まないリスクというのもでてきます。